スポーツジムで着るウェアを選ぶ方法

体を鍛えなおすためにスポーツジムへ通う決意をしても、意外に悩んでしまうのはトレーニングウェア選びです。スポーツジムに通おうと考えてもこのあたりで、つまずいてしまう方もいることでしょう。

ほかの人はどんな服装でトレーニングしているのだろうと気にもなります。そこで、ここではこれからスポーツジムに通おうと考えている方に向けて、ジムで着るウェアの選び方を紹介します。

基本的な服装

スポーツジムに通う方の服装で多いのはTシャツにハーフパンツ、それにランニングシューズやフィットネスシューズといった服装です。ジム内は空調が完備されているため、室内の温度は一定に保たれています。このため、Tシャツやハーフパンツでも寒さを感じることは基本的にありません。

もちろん、ロングTシャツやロングパンツでも構いません。

トップスは素材で選ぶ

Tシャツは自分の気に入ったものなら別に何でも構いません。しかし、運動をすると大量に汗をかいてしまいます。スポーツジム内の温度は最適に設定されていますが、汗をかいたままいると冷えを感じることもあります。それに汗を吸ったTシャツは運動をしていると体に引っ付き不快ですし、動きづらさを感じます。

このためTシャツの素材に注目しましょう。各スポーツウェアメーカーはトレーニングが快適にできるよう、先端技術を用いたウェアを開発しています。スポーツウェアメーカーではTシャツの開発もしており、汗の吸収性に優れた機能性Tシャツを販売しています。

この吸収速乾性を持つ機能性Tシャツでトレーニングをすると、汗も乾きやすいです。おしゃれなものもたくさんあるので、スポーツジムで着るトップスを探してみるといいでしょう。このほか、タンクトップを着てもいいでしょう。

タンクトップにも吸汗性と速乾性の高いものがあります。タンクトップは腕の筋肉の動きが見えるのでウェイトトレーニングでパフォーマンスを向上できるでしょう。ただし、体に自信がない方は体形がはっきりとわかってしまうので避けたほうがいいかもしれません。

そして、自分の体に合ったサイズのものを選ぶのも大切です。大きすぎたり、逆にぴったりしすぎていたりすると、トレーニングでは動きにくいです。ピッタリとしたものを着たいのなら、伸縮性のある素材を用いたTシャツを選ぶといいでしょう。

汗のにおいが気になるといった方には消臭機能のあるTシャツもあります。

パンツは動きやすいものを

パンツは動きやすさを重視しましょう。動きやすさ抜群なのはハーフパンツです。7分丈やショートパンツ、くるぶしだけなど種類があるので、好みのものを選ぶといいでしょう。下半身は汗をかく量が上半身よりは少ないのでスウェット生地でもいいですが、パンツもTシャツと同じように吸収速乾性の高い素材のものがおすすめです。

シューズはけっこう大切

運動をするときは、体重を支える足に一番負担がかかります。シューズを借りられるスポーツジムもあるのですが、できるならマイシューズを用意しておきましょう。スポーツジムなど室内のトレーニング時に履くフィットネスシューズがあるので、こちらを購入しておくといいでしょう。

フィットネスシューズは通常のスポーツスニーカーよりも、滑りづらく動きやすいです。それに、フォットネスシューズはウェイトトレーニングから、ランニングマシーンまでオールラウンドにスポーツジム内のトレーニングに対応しています。

スポーツジムでランニングを重点的にしたいといった方は、ランニングシューズを持っておくと快適にトレーニングできるはずです。ランニングシューズは走るときに履くシューズとして専用に設計されています。ランニングシューズにはトレーニングシューズがあるので、ジムで履くならこちらを選択するといいでしょう。

トレーニングシューズはソールのクッションも厚く、安全にランニングマシンで走れるでしょう。ひとつ気をつけたいのは、シューズを購入するときです。通販でも買えるのですが、試着をしてからシューズを選ぶようにしましょう。

自分に合ったものを選ばないと怪我につながります。

女性も基本的に同じ

女性の服装も男性と同じで、オーソドックスなのはTシャツにハーフパンツといったスタイルです。Tシャツやパンツには吸収速乾性の高いものがおすすめです。男性ものに比べると、女性向けのもののほうが種類も多くかわいいウェアがたくさんあります。

ハーフパンツで足を出すのに抵抗のある方は、スポーツタイツを下に履いておくといいかもしれません。スポーツタイツは適度に筋肉を圧迫して、トレーニングの効果を向上させてくれます。疲労軽減の効果もあり、間接への負担も減らしてくれるものです。

それと、スポーツブラの着用も忘れないようにしましょう。運動をしていると、振動や衝撃はあります。スポーツブラは汗も乾きやすく、揺れを防止してくれます。体も動かしやすいです。

⇒スポーツジムで効率的に体を鍛える適切な滞在時間とは?

男性に人気のアンダーアーマー

男性のなかにはアンダーアーマーを着ている方も多いです。アンダーアーマーとは、長袖の体にぴったりとフィットするタイプのトレーニングウェアです。アンダーアーマーは体にぴったりとフィットし、運動のときに体を適度に圧迫して筋肉のサポートをする機能を備えています。

アンダーアーマーを着てトレーニングをするとトレーニングのパフォーマンスも向上しますし、怪我防止にも役立ちます。体のラインが出てしまうのが困ったところなのですが、上からTシャツを着ると隠せます。男性女性ともに、よりトレーニングの効果を得たい方にアンダーアーマーはおすすめです。


上に羽織るウィンドブレイカーとナイロンパーカー

スポーツジム内はTシャツでもそれほど寒さを感じませんが、トレーニングをして休憩しているときは汗をかいているので肌寒さ憶えることもあります。

このため、ウィンドブレイカーやナイロンパーカーなどを用意しておくといいでしょう。薄手のものなら羽織りやすいですし、かさばらず使いやすいでしょう。

女性は男性よりも冷えを感じやすいので、持っておくと重宝するはずです。

ウェアを販売しているメーカー

スポーツウェアはスポーツギアを製造しているメーカー以外にも、ファッションブランドからも発売されています。よりおしゃれなものが着たいといった方は、ファッションブランドのものを選ぶといいでしょう。スタイリッシュなもの、かわいいものも多いです。

機能性を重視したいなら、スポーツブランドのウェアを選ぶといいでしょう。プロのスポーツ選手も着用しているウェアが発売されています。