スポーツジムに行くときのリュックの中身をご紹介!使い勝手のいいリュックにする!

スポーツジムに行くときにリュックを持っていく人は多いです。そんなリュックの中身が気になる人もいるかもしれません。一般的にリュックには色々と必需品が入っています。必需品ではなくても、必要だと思えるものはリュックに入れて持ち歩きます。

ここでは私が使っているリュックの中身を紹介していきます。スポーツジムに行くときの参考にしてみてください。

トレーニングウェアとシューズ

スポーツジムにいくのは体を動かすことが目的です。そのため、運動しやすい着替えを持っていくことが一般的です。リュックの中身としてまず出てくるのはウェアでしょう。私はランニングなどをメインにしているので、ウェアは速乾性のある通気性のよいものを選んでいます。

着る物に関しては、スポーツジムで規定があることは少ないです。どんなスポーツウェアを着ても問題はありません。ただ、動きやすさを考えて選ぶと良いでしょう。ウェイトトレーニングを中心にするなら、ノースリーブやタンクトップです。

それを着てウェイトトレーニングをしている人は多いです。体を絞りたいというのであれば、汗をかきやすいウェアを用意するといいでしょう。汗が出て、体重を絞りやすくなります。このように目的が違うと着るウェアも変わってきます。

また、シューズもスポーツジムに持っていく、リュックの中には必ずあるものです。スポーツジムは土足厳禁にしているところが多いですので、シューズがないとトレーニングができません。

このシューズに関しては、履き心地や動きやすさなどを考えて選ぶことが大事です。その上で自分が行うトレーニングに合うシューズを選びます。ランニングやフィットネスが中心になるのであれば、足に負担がかからない軽いものが合っています。

一方でウェイトトレーニングを中心にするなら、軽さよりも安定するシューズを選ぶといいでしょう。足に力を入れたときに、安定するシューズでないとウェイトトレーニングは安全にできないことがあります。シューズは目的によって、変えると安全性や体への負担が軽減できるアイテムです。

⇒スポーツジムで着るウェアを選ぶ方法

汗拭き用のタオル

スポーツジムで運動すると、考えている以上に汗をかきます。汗をそのままにしてしまうと、風邪を引くかもしれません。そうならないように、汗をかいたらその都度拭くことが大事です。タオルを忘れたときに、タオルがない不便さを知ることになるでしょう。

汗で滑ってバーベルが持てなかったり、目に汗が入ってしまうこともあります。また、タオルを2枚以上持っていくと、最後の汗拭きに使えます。運動中に使うタオルは、最後の汗拭きとして使うには濡れすぎてしまうのです。

濡れたタオルで最後に体を拭くのは不快に感じる人は少なくないでしょう。そう思うのであれば、複数のタオルを用意することで、清潔感があるタオルを最後に使用することができます。


着替えは必須

私のリュックには運動が終わったあとの着替えを入れています。運動をしたあとですので、汗で濡れていることがほとんどです。特に下着の替えは必須です。乾いている下着に着替えられれば、帰るときに不快な思いをしなくてすみます。

また、下着が濡れていると、ジムに来てきた服まで汗くさくなります。例えば、スーツでジムに通っているとします。下着に汗が染み込んでいると、そのスーツにまで汗の臭いが移ることになるでしょう。スーツに付いた汗の臭いを消すことを考えると、着替えを持っていった方が簡単です。

下着の他に靴下も着替えとして用意しておくことも重要です。靴下も汗をかきますので、そのまま靴を履いてしまうと汗が移ってしまいます。そうならないためには、着替えの用意が大切です。他に着替えたあとの下着や靴下を入れる、ビニール袋を用意することも大事です。

これがないと、リュックに汗の臭いがつく可能性があります。リュックに汗の臭いがつくと消臭するのが大変です。そうならないようにビニール袋を活用します。

怪我などのサポート用品はあると便利

私のリュックには絆創膏や湿布などの、怪我に対応できる救急キットが入っています。以前指を切ったときに絆創膏がなくて困ったとことがあったので、このような救急キットを用意するようになりました。他にちょっとした怪我をしたときに、役に立つものは入れてあります。

大きな怪我なら、トレーナーが面倒を見てくれるかもしれません。しかし、本当にちょっとした怪我なら、誰も見つけてはくれないでしょう。自分で何とかするしかないのです。特に絆創膏や包帯などに好みがある人は、自前で用意しておくと役に立ちます。

そのような救急キットであれば、他の人が怪我をしたときにも対応できるでしょう。

飲み物のボトルはあった方がいい

専用の飲み物用ボトルもリュックには必ず入っています。そのボトルは飲みやすさから買ったものです。運動をしている途中でも、飲みやすいので重宝しています。ペットボトルをそのまま利用してもいいのですが、飲みにくさがあったのです。

限界まで運動をしていると、ペットボトルのふたを取ることも苦労するときがありました。そのようなときに、飲みやすいボトルがあると便利です。ワンタッチで開くものだと、苦労せずに開けることができるでしょう。運動をして疲れたあとに飲む物だと考えれば、飲みやすいものを用意しておくと役に立ちます。

小さめのバック

私のリュックには小さめのバックを必ず入れています。この小さめのバックはスポーツジム内で使う飲料用のペットボトル、ロッカーの鍵、タオルなどの細々としたものを、入れておくのに役立ちます。そのようなもの全てを手で運ぶことは容易ではありません。

小さいバックがあると、全て入れて持ち歩けます。特にランニングからウェイトトレーニングへと、移動する人には小さなバックは必需品です。移動するときに持ってきた荷物を全部動かすのは面倒です。そう考えると、リュックに小さなバックが入っていることにも納得できるでしょう。

⇒初めてのスポーツジム選び!学生におすすめなのはどんなジム?

リストバンド

タオルに近いですが、リストバンドもリュックに入っています。額の汗を拭くだけならリストバンドでも十分です。運動をしている最中に額の汗が目に入ることもあるでしょう。そのようなときにリストバンドがあると、役に立つことが多いです。

特にランニングをしているときなどはタオルで拭くことが難しいので、リストバンドで汗をぬぐいます。